ナース

怖い眼病となる白内障や緑内障の治療|悪化してしまう前に病院へ

目の異常は早めの受診を

眼

視界に現れる黒い点

目に関する症状、病気は様々ですが、その中の1つに飛蚊症があります。飛蚊症とはその名前の通り、視界に黒い点がまるで蚊のように飛び回って見えるという症状です。黒い点の大きさや、症状を自覚する時期は様々です。眼球の硝子体が加齢によって変化しそれがしわとなって視界に現れる、硝子体の中の血管のかすが視界に現れる、など原因も様々ですが、主に眼球の中の何らかの影が視界に投影されているという点では共通しています。飛蚊症は健康な人の目にも表れてくる症状といえます。黒い点が眼前にうろついているためそれが気になるという事を除けば、痛みもないため放置してしまいがちですが、それが重大な病気の前兆というケースもあります。

重大な病気の前触れかも

飛蚊症は多くの場合は発症しても問題はないですが、中にはそうではない場合もあります。それは、網膜剥離という病気の前兆である場合です。網膜剥離とは眼球の中にある網膜という組織がはがれてしまい、視力が低下してしまうという病気です。プロボクサー等で顔面にパンチをもらって発症するケースもあるのですが、極度の近視が原因で発症するケースもあります。ただ視力が低下するだけではなく、放っておくと失明の可能性があります。また一度発症すると進行も早いため、発見した場合は早急に手術が必要となる病気です。このように飛蚊症は重大な病気のサインでもあるため、痛みがないからと言って放置せず、一度病院にて検査してもらうことをおすすめします。