ナース

怖い眼病となる白内障や緑内障の治療|悪化してしまう前に病院へ

目に違和感を感じた時

医師と患者

目に浮遊物が見えたら

物を見ている時に、黒い虫のようなものが見えて視線を違う所に変えても、その黒い虫のような物が追いかけてくるような気がする状態を飛蚊症といいます。一般的には、年齢を重ねる事で硝子体内に活性酸素が発生して、硝子体の中の組織を変質させて黒い虫のように見える症状が飛蚊症です。そのため、50代以上の人が多く発症する場合が多くありますが、最近ではスマートフォンやパソコンで目を酷使する人が増えて、若い人でも発症する人も増えていますから、若いから安心というわけではありません。このような場合には、生理的な現象ですから治療の必要はありません。しかし中には、別の原因で黒い虫のような物が見える事もありますので、もし黒い虫のような物が見える場合には、眼科に行って医師の診断を受ける事が大切です。

眼科へ行く理由

眼科に行き、医師の診断の結果生理的な飛蚊症と診断されれば治療の必要はなく心配がありませんが、もし他の病気が原因で黒い虫のような物が見えている場合には、網膜剥離などの原因になってしまう事があります。網膜剥離を起こしてしまえば、手術が必要になりますから早めの治療が必要です。早期発見をする事で、早期治療を行う事が出来ます。年齢を重ねて、黒い虫のような物が見える時に、年を取ったせいだからと考えてしまう場合がありますが、自己判断してしまうと違う病気が原因で起こっている場合がありますから、自己判断は危険です。生理的なものなのか他の原因なのかの判断は、眼科で診断してもらう事です。また、生理的な飛蚊症と診断されてもその後、酷くなった場合にはもう一度眼科に行く事が必要です。