ナース

怖い眼病となる白内障や緑内障の治療|悪化してしまう前に病院へ

どのような病気かを知る

レディ

知識を持つことが大事

年齢とともに体は老化し、さまざまな不調が出始めます。その不調の出方は人によって異なりますが、加齢が原因となって起こってくるものについては、一通り知識を持っておくといいでしょう。いたずらに不安がらずに済む上に、おかしいと思ったらすぐに医療機関を受診できます。飛蚊症も主な原因として加齢が挙げられる症状ですが、目の前に透明もしくは黒い浮遊物が浮かんで見えており、視界を変えても目をこすってみても、いっこうに消えることがないというのが一番の特徴です。とりわけ明るい場所ではっきりと黒い浮遊物が浮かんで見えますので、こうした目の状態になったらまず飛蚊症を疑って早急に眼科を受診することが、重度の眼病に至らないようにするために気を付けるべき点です。

自分でできる方法も人気

生理的飛蚊症と診断された場合、特に治療の方法がないと言われることがあります。実際には目の前に黒い浮遊物が飛んでいて見にくいので、何とかしてほしいところですが、治療の手立てがないと言われればどうしようもありません。そこで、自力でできる改善策を採る人が多く、これが意外と対策としては人気があります。人気の理由は自分で手軽にできることと、それなりに効果を感じるところです。目の栄養素が足りていないことや、紫外線を浴びていることも飛蚊症の原因となるため、目の周りのツボを刺激したり、眼球の体操をするのがオススメです。栄養素の補給については光のダメージから目を守るルテインに、水晶体の柔軟性を維持するコンドロイチンの組み合わせが最適で、サプリメントで摂取するのが手軽です。