レディ

怖い眼病となる白内障や緑内障の治療|悪化してしまう前に病院へ

目に違和感を感じた時

医師と患者

飛蚊症には、年齢を重ねて起きるものと病気などが原因で起きるものがあります。症状としては、常に黒い虫のようなものが見えます。もし、当てはまる場合には、眼科で診察してもらう必要があるでしょう。

おすすめ関連リンク

  • 白内障・緑内障でお悩みの方の治療ガイド

    年齢を重ねると発症率が高まる、白内障や緑内障の治療法を把握しましょう。初期症状を知っておくと、早期発見に繋がりますよ。

目の異常は早めの受診を

眼

飛蚊症とは眼前に黒い点がまるで蚊のように飛び回って見えるという症状です。放っておいても問題はないケースもあるため放置してしまいがちですが、網膜剥離という重大な病気の前兆の可能性もあるためご自身で判断せず、一度病院にて検査してもらうことをおすすめします。

どのような病気かを知る

レディ

加齢とともに目の前に黒い浮遊物が飛んでいるように見えたら、飛蚊症ではないかと気を付ける必要があります。生理的なもので治療の手立てがないとなれば、ツボ刺激やサプリメントを採り入れることで改善されることがあり、手軽にできる改善策として人気があります。

眼病になる前に

検査する人

定期健診を受けましょう

白内障は眼の病気です。目の中の水晶体という部分が白く濁ることからその名前がつきました。白内障の症状は視力の低下や、視界のぼやけ、目のかすみなどが代表的です。これは水晶体の内部が白くにごり、外光を集めてピントを合わせる機能がうまく働かないために起こります。そして緑内障も目の病気ですが、こちらは視神経の異状が原因です。緑内障の症状は視野の狭窄、目に映るものが欠けて見えることなどです。特徴は患者が病気の進行に気付きにくいことです。人間は普段、両目を使って見ているため、片方に異常があってもなかなかわからないのです。緑内障はどちらかというと中高年に多く、病院で定期健診を受けることをお勧めします。最悪の場合には失明につながる危険もあるため注意が必要です。

まずは目薬で対処

代表的な治療法は点眼薬です。これは白内障でも緑内障でも変わりません。初期の段階なら点眼薬を使えば病気の進行を抑えることができます。ただし、根本的な治療となると手術が必要になります。白内障の場合は白くにごった水晶体を元に戻す方法は現在の医療ではまだ不可能です。古い水晶体を破壊し、代替として人工の水晶体を使う方法がよく知られています。また、緑内障の場合も点眼薬では欠けた視野を元通りにすることはできません。眼圧の上昇が原因と考えられており、点眼薬で眼圧を低下させることで進行を遅らせることが出来ます。症状が進めば、外科手術を受けるより他は無いでしょう。心当たりがある方は一度、眼科で視野検査を受けてみるべきでしょう。とにかく早期発見が肝心です。